全体染めの頻度はどれくらい?*人気の白髪染めをチェック!

当サイトでご紹介している、人気の高い白髪染めを染める頻度です。

 

カラートリートメント(ヘアマニキュア)の染める頻度

【週に1回程度】

 

カラートリートメント(ヘアマニキュア)は、髪や肌を一切傷めない優しい白髪染めです。ヘアカラーによる髪の痛みや抜け毛、薄毛、白髪染めでかぶれた方などに人気です。

ルプルプヘアカラートリートメント レフィーネヘッドスパ

全体染めの頻度はどれくらい?|人気の白髪染め

染める頻度:週に1回程度
カラートリートメントの中でも染まりやすいタイプ。早く染まるので使いやすいと人気
値段3,240円(通販限定初回1,980円)

 

染める頻度:週に1〜2回程度
頭皮の血行促進効果のある成分が入っている為、マッサージされているような白髪染め
値段:3,334円

 

 

 

ヘアカラー、カラーリングタイプの染める頻度

【3週間〜1か月に1回程度】

 

薬剤を使って髪を染めるので色持ちが良く、根本が伸びてくる3か月〜1か月に1回の頻度で染めていきます。カラートリートメントよりは刺激があり、商品によっては髪を傷めますが、脱色剤を使っていないタイプであれば、髪の痛みは少なくなります。

ヘアボーテシーエッセンスカラーフォーム ラサーナヘアカラー

全体染めの頻度はどれくらい?|人気の白髪染め

染める頻度:3週間〜1か月に1回程度
テレビCMで人気。脱色剤を使っていないので髪のダメージが少なく済む白髪染めです。
値段3,694円

 

全体染めの頻度はどれくらい?|人気の白髪染め

染める頻度:3週間〜1か月に1回程度
こちらも脱色剤を使っていないダメージの少ない白髪染めです。
値段:3,024円

 

髪や肌の状態に合わせて白髪染め選びを

カラートリートメントは染める頻度が多くなりますが、その分、髪や肌を傷めません。ご自分の髪や肌の状態に合わせて、毛染めを選ばれると良いですね。

 

 

人気の白髪染め一覧はこちらから確認できます。→

白髪染めを行っても、時間がたつにつれて白髪が目立ち始めるようにもなります。白髪が目立つようになると、全体染めで染め直そうかと考えてしまいますが、頻繁に行うのではなく、2か月程度の間隔を開けて行うようにしましょう。さらに、高頻度で髪を染めることで、その分お金もかかってくることになります。適度な間隔を開けながら全体染めを行うことで、髪や頭皮にかかるダメージを防ぐことができるほか、髪色のくすみの問題も解消でき、一番良い状態で保っていくことが可能になります。からーりんぐ剤を使用している白髪染めの頻度について(ブローネヘアカラー、シエロムースカラーなど、ドラッグストアで一番見かけるタイプ)。人の髪は、1か月で約1センチ程度伸びてきますので、白髪染めを行って1カ月もすると、根元に白髪が目立ち始めるようにもなってきます。ただ、白髪が気になるからと言って高頻度で全体染めを行ってしまいますと、髪にも大きな負担をかけることになってしまいます。特に、発色の良い化学成分を配合した白髪染めの場合、使用することで髪にダメージがかかり髪質がパサパサになってしまい、見た目からも清潔感が失われてしまいます。根本の白髪が気になった時には、根元のみを染めるように工夫を行ってみる事をおすすめします。全体染めを行った後には、時間の経過とともに徐々に色が抜けてしまいます。色が抜けることで、当初染め上げた色よりもくすんでしまったり、逆に色が明るくなりすぎてしまう場合もありますので、色の統制を兼ねて、2か月程度の頻度で全体染めを行ってみるのがお勧めです。ヘアマニキュアタイプの白髪染めの場合(ブローネヘアマニキュア、シエロヘアマニキュアなど)ヘアマニキュアは髪の表面に着色をして染めるので、時間の経過とともに色がはがれていきます。ちょうど白髪の根本が気になり始める3週間め位に全体を染め直していくと、髪の色をキープできる仕組みになっています。ただ、使い続ていくうちに染まりが悪くなっていく事が多いので、ヘアマニキュアで染まらなくなってしまった方は他の手段を考える必要があります。その他、カラートリートメント白髪染め。カラートリートメントもヘアマニキュアは髪の表面に着色をして染めるので、時間の経過とともに色がはがれていきます。普通のヘアマニキュアと違って、強力に色を付着させる成分を使用していないため、色落ちがしやすくなっています。(人気のカラートリートメントの多くは植物など天然染料を使用)素手で使えるタイプが多いので、根本や生え際などの白髪や一本だけ染めたい、といった方でも使えます。